友達から貰ったスーパーカマグラ!いつもの早漏の俺が劇的な変化

▶ダポキセチンの作用

【以外と知られていない早漏防止薬】
突然ですが、早漏は治る病気です。
症状によって使用する薬が異なるものの使用すれば幾分、症状は改善されます。
今回は、神経の興奮が原因となって起こる早漏の治療薬「タダポックス」を紹介していきます。
これは世界的にも早漏防止効果を認められている「プリリジー」のジェネリックになります。

【タダポックス成分:ダポキセチンとは】
これはもともと、抗うつ剤の成分として活躍していたものです。
うつ病患者の男性が服用したところ、射精までの時間が遅くなったことから転用されるようになった成分です。
SSRIという系統の成分となり、これを日本語に直すと「選択的セロトニン再取込み阻害剤」となります。
つまり簡潔に解説すると、脳内の神経物質"セロトニン"の濃度を通常の量にまで戻してくれます。
後述しますが、セロトニンと早漏は深い関係があります。
この効果によって持続性はなんと約3~4倍にまでUPさせることが出来るようになり、症状の改善することができます。

【タダポックスとは】
これはジェネリックであることは始めに解説したと思います。
「なぜ、先発薬の紹介はしないの??」と感じた人もいすはずです。
理由は1つ、とにかく先発薬は高いからです。
同じ成分ダポキセチンを使用していますが、1錠は3000円。
早漏防止はしたくても3000円ではなかなか手が出しづらいですよね。
ジェネリックに切り替えることで、数百円にまで薬価を抑え、軽い負担で治療することが出来るようになります。

【セロトニンと早漏の関係】
男性の射精は自律神経によってコントロールされていることをご存知ですか?
その中でも「交感神経」が優位にはたらくことによって起こるとされています。
つまり、興奮などが神経を刺激して射精に至るわけです。
神経が興奮し過ぎてしまうとどうなるでしょう。
それは早漏の発症につながります。
この"興奮"を抑えてくれるのが、「セロトニン」になります。
この物質が不足する状態ができてしまうと、いわばストッパーが居ない状態に陥るので神経が異常に興奮してしまいます。
なのでダポキセチンが脳に再吸収されないように抑えてくれることで、神経を鎮め射精までの時間を延長することが可能となります。