友達から貰ったスーパーカマグラ!いつもの早漏の俺が劇的な変化

▶早く射精してしまう原因

早漏の原因と症状を徹底解明!!
これを読めば、治療の役に立つはずです。
まずは、「早漏とは」という事について少しお話します。
これは男性特有の生理病の1つ。
病名のとおり、早く射精してしまうのが症状になります。
2008年より決められた定義は、次のようになっています。
【1】
“1分以内”でイッてしまう
【2】
自分でタイミングを調整できない
【3】
お互いが満足できない事への苦痛
理想の絶頂は、やはりお互いのタイミングが一緒になることだと思います。
ですが定義【1】を見ればわかる通り、その理想とはかけ離れた状態が症状となってしまっています。
「次こそは」と意気込んでも失敗してしまいます。
するといつの間にか「次もダメかも・・・」と予期不安まで起こすようになります。
1人で頑張ろうとすればするほど、悪循環が続いてしまうことも少なくありません。
治療の第一歩となるのが、「何が原因」ということです。
ここで3つの原因を紹介したいと思います。
1.こころが病気を起こしている?!
一見すると関係ないようにも思えますが、実は関係が大あり。
・心身の疲労
・負担
・過去の辛い経験
・劣等感
など、現実的に感じていること以外でも、男性が無意識なこころの根深いところに潜む過去のことがトリガーとなっていることもあります。
人によっては「なんにもないはずなんだけど・・・」と何がきっかけとなっているかを全く気づけないことも多いです。
過去がトリガーとなると、本人の根深い部分の何かを見つけなければならないので、治療に時間を要してしまう事もあります。
2.脳内の物質が足りない・・・
射精は「ノルアドレナリン」の分泌によって起こります。
興奮が高まるにつれて、その分泌量は高まります。
一方で、これを抑えてくれるのが「セラトニン」。
ストッパーであるセラトニンが不足すると、興奮に歯止めが利かなくなってしまいます。
するとスグに射精感を感じるようになってしまい、我慢が出来ずに射精してしまいます。
これは飲み薬での治療が可能で、比較的早い段階で改善することが出来ると考えられています。
3.からだの問題
男性にとっては恥ずかしいことでもある「包茎」。
すべての人に当てはまる訳ではありませんが、亀頭が刺激に弱くなっていることがあります。
すると前戯などで、“手”や“口”を使った刺激を我慢することが出来なくなってしまいます。
また、包茎でなくてもペニスそのものが刺激に弱く、短い時間でイッてしまうこともあります。
早漏は治療で十分に治療することができます。
まずは自分がどれに当てはまるのかを確かめるためにも病院へ。